神楽坂の“秋祭り”

こんにちは~!

今回ブログを担当する野内です

 

2017年も残すところあとわずかになりましたっ

お仕事、忘年会、大掃除…お忙しいとは思いますが、

皆さまくれぐれも体調にはお気を付けくださいね

私も、年が明けて寝正月にならないよう頑張ります

 

 

さて先月、今年で回目を迎える神楽坂の秋の風物詩

『神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2017』に行ってきました!

「まちと人が一体になった祭り」をコンセプトに、

若手から大御所まで、第一線でご活躍する方々が集結して

日本を代表するさまざまな伝統芸能を紹介するお祭りです

文京江戸川橋ブログ①

前夜祭が11月11日(土)、本祭が11月12日(日)の2日間開催され、

たくさんの人たちで賑わいをみせていましたよ

 

2人1組となって、2挺の三味線を弾き合わせながら

ゆっくり街頭を歩く新内(しんない)流しが行われていたり、

芸者さんとお座敷遊びが体験できたり、

歴史ある“赤城神社”にて和楽器ライブが行われたり…

 

神楽坂の中腹にある“毘沙門天善國寺”の境内では、

なんと江戸時代の講釈場(こうしゃくば)を再現!

文京江戸川橋ブログ②

講談や語り芸が分かりやすい言い回しで披露されていて、

初心者のわたしでも大いに楽しむことができました

 

 

また、メインストリートの神楽坂通りを歩いていると人だかりが

なんだろう~?と近づいてみると…

 

《胡弓(こきゅう)》の生演奏が行われていました

文京江戸川橋ブログ③

見た目は三味線と似ていますが、バイオリンのように弦をこすって音を出す

日本で唯一の擦弦(さつげん)楽器なんです

江戸時代からあり、なんと歴史は約400年!!

 

しかし三味線の脇役になることが多く、メインで演奏されることは少ないそう

そんな胡弓の魅力と面白さをより多くの人に伝えるため、

胡弓奏者である木場大輔さんが主体となって

世界初となる 胡弓だけの三重奏グループを立ち上げたのだとか!

その名も、『弓連者 kyu-ren-ja』

 

木場さんがこの日のために作ったという曲も演奏され、

普段はなかなか聞くことのできない胡弓の繊細なハーモニーに

私を含めて多くの方が足を留めて聞きいっていました

 

 

さらに歩いていくと、今度は胸に響くようなビートが…

文京江戸川橋ブログ④

世界的に活躍している和太鼓ソリスト大多和正樹さん

2012年に国際尺八コンクールで優勝された岩田卓也さん

筝カルテット“螺鈿隊(らでんたい)”のメンバーとして活躍中の林真由子さん

 

3種類の楽器のスペシャリストによるコラボレーションは

豪華かつ迫力満点で、目が離せませんでした!!

 

伝統芸能を身近に感じられる催しが盛りだくさんで

大満足「大江戸めぐり2017」

 

もうひとつの目玉イベント、神楽坂タイムスリップにも参加してきました

神楽坂における江戸・明治・大正時代の名所旧跡を巡るスタンプラリーで、

7か所のスタンプをすべて集めるとオリジナル手拭いがもらえるんです

文京江戸川橋ブログ⑤

 

またエリア内の8か所には“歴史スポット”が設けられ、神楽坂をよく知る

案内人の方がその場所にちなんだ歴史を紹介してくれます

文京江戸川橋ブログ⑥

この旗が目印

ちなみにこの路地は、

「芸者さんがお座敷に出るための近道として

よく利用していたことから“芸者新道”と名付けられたんだよ~★」

と案内人の方が気さくに教えてくれました

 

普段何気なく通っていた小道にもそんな由来があったとは…

 

神楽坂には路地がたくさんあり、一歩足を踏み入れると

昔ながらの石畳や料亭が並び、風情のある街並みが

またメインストリートには人気のベーカリーやオシャレなバルなども!!

 

昔と今が絶妙に融合した神楽坂を、皆さんもぜひ散策してみてください

 

 

そんな素敵なまち神楽坂まで気軽にお散歩できる

【パレステージ文京江戸川橋】も、ついに完成を迎えました

 

只今、「飯田橋」駅そばでマンションギャラリーを公開しています

また完全予約制にて、実際のお部屋もご覧いただけます!!

 

ぜひ一度遊びにいらしてください

皆さまのご来場を心よりお待ちしております

 

ご来場予約はこちらから

フリーコール/0120-112-480

来場予約フォーム/https://enq.nisshinfudosan.co.jp/form/fm/honsya/edogawabashi_rai

 

 

※2017年12月29日(金)~2018年1月3日(水)の期間は

誠に勝手ながら年末年始休業とさせていただきます※

 

本年はご愛顧いただき誠にありがとうございました!

皆さま良いお年をお迎えください

来年もよろしくお願いいたします

 

 


このページの上部へ