物件近くで楽しめるイベント♪

 

こんにちは!!

東京でも大雪が降り、とっても寒い日が続いていますね

こんな日は温泉に浸かってあたたまりたいな~と思っている望月です

 

今日は、【パレステージ文京江戸川橋】から歩いて約20分(約1.5km)の場所にある

「東京ドーム」で1月に開催されていたイベントをご紹介したいと思います!

 

行ってきたのは…

『ふるさと祭り東京2018 ~日本のまつり・故郷の味~』

https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/

 

文京江戸川橋ブログ①

 

日本全国の伝統のお祭りが披露されたり、

ご当地ならではの名産品やグルメが味わえたり、

70もの個性豊かなご当地キャラが日替わりで大集合

1日いてもまったく飽きない、盛りだくさんの内容でした!!

 

 

延べ100万人が訪れているこのイベントは、今年で周年

ミレニアムイヤーということで、例年より盛大に開催されたようです

なんと421,413人もの人が来場されたのだとか

 

10時から21時(最終日は18時)までと、遅くまでやっているのも大人気の理由

私が行った19時頃も、平日でしたが沢山の人で大賑わいでした\(^o^)/

 

 

会場に入ってすぐ、青森県の“ねぶた祭り”の顔がドドーン!とお出迎え

文京江戸川橋ブログ②

こんなに近い距離でねぶたの顔を見られることは滅多にないですよね!

すごい迫力で、繊細な色使いを間近で感じることができました

 

ドーム内は10のブースに分かれていて、メイン会場は《お祭り広場》

ちょうど千葉県香取市の“佐原の大祭”が行われていました!!

文京江戸川橋ブログ③

 

“佐原の大祭”はユネスコの無形文化遺産にも登録されていて、

日本三大囃子のひとつ佐原囃子に合わせて踊るお祭りです

リズミカルで一体感のある「手踊り」が素敵で、思わずマネしたくなっちゃいました

13日・14日には、屋外で“よさこい”“エイサー”の演舞もあったそうです!

 

 

ステージ横にはとても巨大な立ちねぷたが!!

なんと高さ約23メートル、重さ約19トン

色鮮やかで細かな造りに心を打たれました

文京江戸川橋ブログ④

 

本場、青森県五所川原市の“立佞武多祭り(たちねぷたまつり)”では、

大・中・小と合わせて18台ほどのねぷたが運行するそう!

実際に足を運んで、臨場感を味わってみたくなっちゃいますね

 

 

さて、続いてはグルメを紹介していきます

 

《グルメコーナー》には、

どんぶり選手権ご当地スイーツマルシェおみやげグランプリなどなど…

魅力的なブースがたくさん 出店数はなんと350以上

文京江戸川橋ブログ⑤ 文京江戸川橋ブログ⑥

 

何を食べようか会場を回っていると、食欲そそる香ばしい匂いが、、、!!

文京江戸川橋ブログ⑦

山形県米沢市「琥珀堂」さんのローストビーフ弁当は、米沢牛と聞いて思わず購入

ソースと温泉卵の相性もばっちりで、ペロリとたいらげてしまいました!

秋田県能代市の豚なんこつ焼きは、噛みごたえ抜群でお腹も大満足

東北の味をおおいに堪能しました~

 

 

食いしん坊の私が1番楽しみにしていたのは、

なんといっても全国どんぶり選手権・・・!!

 

去年上位でシード権を獲得していた3店舗と、今年予選を突破した11店舗の

どんぶりを食べ比べて投票し、名誉あるナンバーワンどんぶりを決めます

1枚500円のチケットを購入すると、好きなどんぶりハーフサイズを食べられるということで…

 

事前に目を付けていた(笑)、

北海道のうにめし丼 そして十勝牛とろ丼

文京江戸川橋ブログ⑧ 文京江戸川橋ブログ⑨

 

うにめし丼は、しっかり味がついたご飯の上に

新鮮なうに・いくらが乗っていて…とっても贅沢

 

牛とろ丼は口の中に入れた途端、ほっぺたが落ちそうなくらい

とろける食感がたまらない~~っ

 

どちらも美味しくて、もう1杯おかわりしたいくらいでした

しかもなんと、十勝牛とろ丼は今年の準グランプリを獲得

おめでとうございます

 

 

会場では、お祭りというコンセプトの通り、どのお店の方も

「寄っていって!」「美味しいよ~!」などたくさん話しかけてくれました

文京江戸川橋ブログ⑩

魚の被り物を貸していただき、記念撮影も…

十分すぎるほどイベントを満喫できました

 

皆さんもぜひ、来年足を運んでみてくださいね!!

 

 

このようなイベントやプロ野球の試合観戦など、魅力がたくさんの「東京ドーム」まで

歩いて行くことのできる、【パレステージ文京江戸川橋】

 

完全予約制ですが、完成したばかりの実際のお部屋をご覧いただけます!!

《予約受付時間》 10:00~18:00 (祝日を除き、水曜日はお休み)

 

 ご予約はコチラから 

来場予約フォーム/https://enq.nisshinfudosan.co.jp/form/fm/honsya/edogawabashi_rai

フリーコール/0120-112-480

 

ぜひ一度、充実した設備や仕様を体感してみてください

皆さまのご来場を心よりお待ちしております

 


このページの上部へ