筑波山梅まつり♪

 

こんにちは!ブログを担当します渡邉です

春分の日も過ぎ、いよいよ春本番ですね

この卒業式シーズンに、制服や袴を着た学生の方を見かけると

とても懐かしい気持ちになります…(*^ω^*)

 

 

さて今回はつくばエクスプレスに乗って、

春の訪れが感じられる《筑波山》に行ってきました♪

 

皆さん、筑波山のことはどれくらい知っていますか??

 

筑波山は標高877メートル昔から「西の富士・東の筑波」と称され、

朝夕に山肌の色を変えるところから「紫峰(しほう)」とも呼ばれている

日本を代表する山なんです

 

東京タワーや東京スカイツリー®の展望台からも見ることができるんですよ

 

 

筑波山を御神体とする《筑波山神社》は、

西峰である男体山にイザナギノミコト、東峰である女体山にイザナミノミコト

二神を御祭神として祀っていて、古くから信仰の山として栄えてきたそう

 

つくば市の学校は、校歌の中で筑波山を謳っているところも多いんですよ

 

六町ブログ1

(引用:つくばエクスプレス公式ホームページより)

 

 

また山中には、研究材料の宝庫と呼べるくらいの、1,000種以上もの珍しい植物が生息

登山・ハイキングが楽しめ、四季を通して自然を感じられます

ケーブルカー、ロープウェイを使えばらくらく山頂へ!

子どもからお年寄りまで、美しい眺望を堪能することができるんです

 

 

さて!気になる筑波山までのアクセスは…

つくばエクスプレスで「つくば」駅まで行き、そこから

直行シャトルバスを使うのがオススメ

 

「六町」駅から終点「つくば」駅まではなんと直通45分

途中駅で区間快速や快速に乗り換えれば、最速37分です!

「つくば」駅からの直行シャトルバスは、40分ほどで山のふもとに到着

 

ぜひ、つくばエクスプレスで発売しているお得な『筑波山あるきっぷ』を利用しましょう!

六町ブログ2

(引用:つくばエクスプレス公式ホームページより)

 

これ1枚でつくばエクスプレス筑波山シャトルバスつくバスに乗ることが可能です

「六町」駅から購入すると…

大人(12才以上)が2,970円こども(6才~12才未満)が1,500円

通常より500円ほどお安く行くことができます\(^o^)/

 

ただし!“あるきっぷ”という名前にあるように、山頂までのケーブルカーやロープウェイは

別料金となりますので、購入する際はお気をつけください

 

筑波山は「気軽に自然とふれあいたい」という方向けのハイキングコースから、

片道約2時間の本格的な登山コースまでバリエーションもさまざまです

私も高校生の頃に、初詣とふもとでのバーベキューを兼ねて訪れましたが…

真冬にもかかわらず汗をかきながら、仲間と山頂まで登った経験があります

 

 

そこで「沢山歩くのはちょっと…」という方にオススメなのが、『筑波山きっぷ』

 

六町ブログ3

(引用:つくばエクスプレス公式ホームページより)

 

「六町」駅から購入すると…

大人(12才以上)が3,960円子ども(6才~12才未満)が2,000円

こちらはケーブルカーロープウェイも利用できるので、

広大な景色を眺めながら快適に山頂へ行くことができますよ

 

山頂を歩いて目指すも良しロープウェイ等で目指すも良し

それぞれの楽しみ方ができるのも、筑波山が人気な理由かもしれませんね

 

 

 

そんな筑波山の春といえば…

そう!今年で45回目を迎えた『筑波山梅まつり』

2月中旬から3月中旬くらいが見頃である梅の花の景観を、

美味しいグルメや楽しいイベントと一緒に堪能することができます

今年の開催は2月14日~3月21日でした!

 

 

『筑波山梅まつり』の会場は、シャトルバス「筑波山神社入口」で下車して徒歩5分

 

六町ブログ4

おぉ~

目の前に筑波山がきれいに見えてきました!!

道路脇には、“梅まつり”ののぼりがはためいています

 

 

この日は2月下旬の平日だったにもかかわらず、ふもとの山道は

梅まつりに向かう車で混み合っていました

これには期待が膨らみます!!わくわく

 

 

じゃーん!!

六町ブログ5

 

見事に満開

とはいきませんでした…ちょっと来るのが早すぎましたね

梅まつりでは、白梅、紅梅など約1,000本の梅を一度に楽しめるんです

満開だったら圧巻の美しさなんでしょうね~

またリベンジしたいです!!

 

六町ブログ6

六町ブログ7

写真では分かりづらいかもしれませんが、

空のきれいなブルーの梅が映えて、満開ではなくてもすごく綺麗でした

 

撮影技術がもう少し高ければ、もっと実際のような景色をお届けできたんですが…

ぜひ肉眼でご覧になってお確かめくださいませ(笑)

 

 

さらに!

江戸時代の万能薬である“ガマの油”の露店販売が伝統芸能として残った、

筑波山名物の『ガマの油売り口上』の実演や『ねばねば音頭』などの

イベントも行われていて、終日にぎわいをみせていました

 

六町ブログ8

(引用:筑波山梅まつり公式ホームページより、“ガマの油売り口上”)

 

 

また梅まつりの期間中には、梅しそチキンカツや梅まんじゅうなど

梅にちなんだ食べ物屋台もたくさん出るので、

澄んだ筑波山の空気に包まれながらの食べ歩きも楽しめちゃいます

六町ブログ9

私は梅のソフトクリームをいただきました

すっぱ甘い、春のお味

 

 

 

 

いかがでしたか?

「六町」駅から小一時間、休日のちょっとしたお出掛けにぴったりの筑波山

春・夏の色彩豊かな景色はもちろんのこと、秋は紅葉、冬には冬化粧初日の出と、

見どころも盛りだくさんです!ぜひ一度足を運んでみてくださいね

 

 

 

【パレステージ六町Ⅲ】モデルルーム

つくばエクスプレス「六町」駅からすぐの場所で営業中

 

3LDKのお部屋の設備・仕様がご体感いただけます♪

ぬり絵やブロックなどお子様が楽しめるキッズルームや、おむつ替えスペースも完備!

ご来場予約は、下記のフリーコールまたは予約フォームにて承っています

ご家族皆さまでお気軽にお越しくださいませ

 

六町3モデルmap

◆住所/東京都足立区六町2-5

◆営業時間/10:00~18:00 水曜定休(祝日を除く)

◆フリーコール/0120-112-480

◆来場予約フォーム/https://enq.nisshinfudosan.co.jp/form/fm/honsya/rokucho3_rai

 

 


このページの上部へ